調剤報酬請求事務技能認定

調剤報酬請求事務技能認定

調剤報酬請求事務技能認定とは、調剤薬局にて利用できる医療事務の知識を証明するものです。調剤薬局で働く事を目指している方におススメします。各教育機関にて教育訓練を行いガイドラインに沿ったものが試験取得する資格が得られます。
試験内容は医療保険や薬学などを含む学科、実技試験では調剤証明書の作成や点検を行ないます。受験料は3,000円と他の資格と比べても安く、合格率は60%〜70%と非常に高い試験です。調剤薬局の医療事務として働く目的があるなら、この資格を取得してみると良いでしょう。合格率も高いため比較的スムーズに資格が取得できると思います。調剤薬局に関わる医療事務の資格として最も有名で、就職にも有利となります。しかし、この資格を受験する方の多くは、既に調剤薬局で実務経験を積んでいる方や、他の医療事務の試験に合格しているものも含まれます。合格率のみで安易に判断するのではなく、通信講座でも良いので利用する事をおススメします。合格の秘訣は学科はマークシートのためそれ程難易度が高いわけではなく、レセプトを繰り返し習得することです。過去問題などを繰り返し練習してみても良いでしょう。試験ではレセプト作成は2問出題されています。