診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務能力認定試験とは、医療事務の中でもレセプトの能力を証明するものです。正確なレセプト作成が出来る事の証明となり、就職にも有利だといわれています。医科と歯科の2種類があり、年間1万人を超える資格です。医療事務技能審査試験と同様人気のある資格で、医療事務を行なう方にとっても持っておいて損が無い資格です。ただし、合格率は30%と非常に低くなっているため、どのように勉強するのか対策を考えなければなりません。この資格を取得するために専門学校に通う方も多いです。受験資格は特に問われていません。
受験当日はテキストの持込が可能で、全て暗記する必要は無いのですが、医療知識について幅広い知識も必要となり勉強方法は良く考えて行なってみて下さい。実技は診療報酬請求事務に関することです。学科試験は試験範囲がとても広く、医療保険制度・診療報酬・薬価について・医療用語・薬学など幅広い知識が必要です。難易度が高くても、資格を取得しておけば就職にも有利となる事は間違いありません。通学で勉強する人が多いのですが、通信講座でも試験対策に絞った良いものを利用すれば、対応する事はできます。受験資格は誰でも良いため、中には独学で勉強される方も居ます。しかし、勉強範囲が広く教材選びから苦労されることが多いです。