医療事務管理士技能認定試験

医療事務管理士技能認定試験

医療事務管理士技能認定試験は年間4万人以上の方が受けている人気の資格です。治療費の計算や、カルテの管理など医療事務に必要となる基本的な知識が必要となります。試験には医科と歯科の2つに分かれており、幅広い医療事務の仕事について学ぶことができます。医療保険や老人保健制度を学び、正しくレセプトを作成する技能を身につけます。特に受験資格は設けられていないため、初めて医療事務の資格にチャレンジする方にも良いでしょう。医科では40%〜50%ほどの合格率となりそれ程高くはないのですが、医療機関で評価が得られやすい資格のためチャレンジしてみると良いでしょう。
試験は診療報酬明細書の作成の実技、マークシートによる筆記試験が行なわれます。医療保険についての知識、医療の幅広い知識、保険請求についての知識が求められています。医療の知識は臓器、生理機能、病気の種類など幅広い医療知識が求められていますが、あくまでも基本的なものです。試験当日はテキストの持込が可能で、知識を丸暗記する必要はありません。試験は年6回ほど行なわれ、専門学校や指定会場など全国各地でも行なわれています。試験日は土曜となるため、仕事を行ないながら資格取得を目指す方でも利用しやすいでしょう。