ケアクラーク技能認定試験

ケアクラーク技能認定試験

介護事業の医療事務として必要な知識を習得するための資格となります。介護関係の仕事に就きたい方は、資格取得を目指してみましょう。受験資格は介護施設での医療事務の経験が6ヶ月ある方、または教育機関が行なう教育訓練を経て、ガイドラインに適合した方が利用可能です。筆記試験や介護給付費明細書作成などが試験で行なわれています。合格率は70%以上があり、医療事務の中でも比較的易しいほうだと言えます。今後は高齢化社会によってニーズが高まることが予想されており、就職先も期待する事ができるでしょう。合格率が高いのは、教材の持ち込みがOKとされているためです。
介護に関わる医療事務では、介護に必要な医療知識を高めるだけでなく、コミュニケーション力も求められています。事務作業の他、窓口の受付業務やケアプランの作成なども行なう事があります。学科では介護保険制度の内容を理解したり、老人の心の問題や身体的な障害なども学びます。リハビリテーションなど介護に関わる基本的な知識を身に付けることになります。実技では居宅や施設での介護給付費明細書の作成を学びます。試験は年6回行なわれており、比較的頻度は多いほうです。試験に合格するとケアクラークの称号が与えられます。